自宅残す方法

住宅ローンは払えないけど自宅は残したい場合には?

MENU

住宅ローン返済はできないけど自宅残す方法

せっかく購入したマイホームは誰でも手放したくはないですよね?

 

住宅ローンが払えなくなったら、家を売るしかないと思うかもしれませんが、家を手放さなくてもよい方法が2つあります。
どちらも、早い段階で対処するにこしたことはありません。

 

個人再生

1つ目は個人再生という債務整理を行うことです。債務整理というと自己破産しか思い浮かばない人もいるかもしれませんが、個人再生は自己破産とは違います。

 

個人再生は返済総額(住宅ローン以外)を少なくしたうえで、金額を原則3年間で分割して返済する再生計画を立て、その計画が裁判所によって認められれば、その計画どおりの返済をすることができます。住宅ローンの返済額は減りませんが、他のローンの返済額が減るので、それを住宅ローンに充てて自宅を残すことができます。

 

住宅ローンの返済額は減らないので当然ながら返済は続きます。
ですが、自宅を残す方法としては前向きに検討す方法ではあります。

 

任意売却

もう一つは任意売却です。
ただし、通常の任意売却とは違います。これだと他人に家を売るわけですから自宅を残すことはでいません。自宅を残すために任意売却をするときには、家が競売にかけられる前に、任意売却の手続きをして、親族などに購入してもらい、親族に家賃を払うことで、自宅に住み続けることができます。

 

ただし、親子間、身内間での売買は通常の売買よりも手数料がかかりますし、必ずしもうまくいくとは限りません。ですから、任意売却だけでなく親子や身内間でも売買においても経験のある業者に依頼する必要があります。

 

個人再生、任意売却ともに言えるのは、一時しのぎにしてはいけないということです。
100%自分の力で何とかできているわけではありませんから、先を見据えてしっかり対処していく必要があります。そうでないと、自宅を残すことができてもあまり意味がないことになってしまいます。

 

いったんきれいに清算するほうが建設的な場合も

個人再生と、裏技的な任意売却についてご紹介しました。
両方とも法律的には問題ない方法です。ですが、世間体の部分で、身内に買い取ってもらう形での任意売却に心ひかれた人も多いのではないでしょうか?
もちろん、悪いことではありません。

 

ただ、ひとつ考えておいてほしいのは、何らかの形でツケが残るということです。
お金を立て替えてもらっているのと変わりない状況ですから、当然ですね。さらに、買い取ってもらったということは、その先はあなたは所有者ではなくなります。今の自宅は残すことはできますがこれが本当にいい状況なのかは冷静に考える必要があるでしょう。