家を売るのと貸すのはどっちがいい?

住宅ローンが払えない時に売ると貸すではどちらがお得?

MENU

家を売ると貸すのはどっちがいいのでしょうか?

もし、住宅ローンを払えないで困っているのなら、売るか貸すか、どちらが得なのかを早い段階で検討するは正解です。
当分住む予定のない物件を持っているという方が、売ってしまおうかそれとも貸そうかと考えることがあるかもしれません。売るのと貸すのではどちらがお得でしょうか?

 

物件の価値を考えてみる

もし、将来的にも全く売る気がない物件であれば、人に貸して家賃をもらったほうがいいですが、将来売る予定があるなら、貸さずにすぐに売ったほうがいいようですね。

 

というのは、いったん人に貸してしまうと、売却価格が20%〜30%ほど下がってしまうからです。

 

また、物件を貸すとなると、固定資産税や建物管理費、修繕積立金等の費用がかかります。それに、借り手がつかない期間もありますし、借り手との間のトラブルなど、精神的にも煩わされることが起こる可能性もあります。

 

住宅ローンの返済が困難で売るか貸すかを考えている場合には、当然ながら資金面は苦しいはずですよね?
その状況で、税金や修繕積立金などは払い続けられるかを考えてみてください。

 

それから、外部からの人の流入が多く、利便性が高いところにある物件なら、貸したほうが得ということもあると思いますが、地方であまり人の出入りがないところにある物件なら、賃貸にするのはリスクが高いでしょうね。

 

売るのと貸すので、出ていくお金を減らせるのはどっち?

資金面が困難な場合は、出費を減らすという視点で考えてみるのがおすすめです。

 

いったん、家を貸してしまうとその後に売却するのは難しくなることもありますし、住んでいる時と同様の支出(修繕積立金など)は継続されて、さらに、自分が賃貸に住むならそのお金もかかってきます。当然ながら、住宅ローンの支払いは続きます。
住宅ローンの支払いは不動産収入からと考えているかもしれませんが、借り手がいての話ですし、いくらで貸せるのかも皮算用で考えるのは危険です。

 

一方、売る場合でも、いくらで売れれば住宅ローンがなくなるのかが重要です。今の自分の家がいくらの価値があるのかを査定して把握しておく必要があります。

 

貸すにしても売るにしても、出ていくお金が減らない限りは生活が苦しくなってしまいます。
出ていくお金を減らせるのは、売るのと貸すのでどちらか?という視点でどうするかを考えてみるのがおすすめです。

 

もし売るのならタイミングを計るのも大事

家

家を売る時期として最も有利なのは、言うまでもなく需要が高い時期ですね。たとえば、転勤や進学に時期、結婚シーズンの前には、家の購入を考える人が多くなります。ですから大きな動きがある3月4月の前に告知を開始するのがいいですね。

 

また、2015年の10月から消費税が10%になることになっているので、その前に購入したいという方も多いと思います。

 

不動産を仲介して購入する場合の仲介料は、売買契約を2015年9月30日までに完了すれば消費税は8%のままですが、家の購入に際しては、そのほかに住宅ローンや家電や家具を購入するための費用、引っ越し費用がかかりそれらの費用には消費税がかかります。

 

ですから、やはり増税前に購入したい人が多いでしょう。それで、家を売る時期も増税前のほうが買い手がつきやすいということになりますね。