任意売却と住宅ローン

住宅ローンが払えない時の任意売却!困らないための対策

MENU

住宅ローンが払えない時の任意売却

ここだけは押さえておきたい注意点

 

任意売却は住宅ローンが払えないときの対処法のひとつにあげられます。任意売却を検討するなら早いに越したことはありません売却の基本的な知識と注意点をまとめました。

 

住宅ローンが返済できなくなった場合は、まず、借入先の金融機関に現状を報告して、返済方法を変更してもらうなどの対処が必要です。もし、連絡もしないで放っておくと、督促状や勧告状が届くようになります。

 

もし、どうしても支払いができないと判断した場合は、金融機関に相談して、任意売却の申請をすることができます。任意売却は、住宅ローンの残債を残したまま、金融機関が持っている抵当権を解除してもらい、家を売却することです。

 

家を売却するには、残債の一括返済が必要ですが、任意売却なら、ローンが残っていても家を売ることができます。

 

任意売却で住宅を売ったら、そのお金を住宅ローンの残債の返済に充てることができます。引っ越し費用なども確保できますし、残っているローンの支払いに関しても、金融機関が現状を考慮して返済方法を調整してくれることがあります。

 

督促状や勧告状が届いてもずっと放置しておくと家は競売にかけられてしまいます。競売にかけられる前に、任意売却の申請をすることをお勧めします。

 

ところで、今住んでいる家の住宅ローンが残っている場合、その住宅を売ることはできるのでしょうか?

 

結論から言えば、住宅ローンが残っていても売ることは可能です。

 

ただし、売却するには金融機関によって設定された抵当権を抹消する必要があります。抵当権を抹消するにはローンを完済しないといけないのですが、ふつうは、家が売却できた後、売却代金を金融機関がローン残高として引き落とすという方法をとります。

 

ただ、ローン残高よりも高く売れた場合は問題ないのですが、売却代金がローン残高よりも少ない場合は自己資金で補わなければなりません。それで、事前にどのくらいの値段で売れるのか調べて自己資金も準備しておく必要があります。